世界の千葉雄大!主演ドラマがカンヌでワールドプレミア&9カ国・地域同時期放送決定

 俳優、千葉雄大(29)が10月18日スタートの日本テレビ系「プリティが多すぎる」(木曜深夜0・59)に主演することが20日、分かった。同ドラマは初回放送に先駆け、10月にフランス・カンヌでワールドプレミア上映を行い、日本、韓国、台湾などアジア9カ国・地域で同時期放送も決定した超話題作。文芸編集部から原宿系ファッション誌に異動する編集者役の千葉は、日本の“カワイイ文化”を広めるため、世界進出する!

 プリティすぎるイケメン俳優が、“クールジャパン”がつまった主演ドラマで国境を越える。

 「プリティが多すぎる」は、千葉演じる大手出版社で働く文芸編集部のエース、新見が突然、畑違いの原宿系ファッション誌に異動する物語。

 堅物な主人公は当初、“プリティ満載”な職場にドン引きも、女性編集部員や読者モデルのプロ意識に感化され、次第に“ジャパニーズ・カワイイ”を発信する仕事に本気で取り組んでいく。

 千葉はぬくもり系男子、ヌクメンとしてブレークし、現在は日テレ系「高嶺の花」でダークな華道家を演じるなど俳優として進境著しい存在。今作のビジュアルでは、ド派手なサンバイザーや巨大リボンなどをつけた「原宿系カワイイ」を体現した原宿系男子のファッションも披露。本人は「ドラマのタイトルやポスターから『また千葉が年がいもなくぶりっ子するドラマか』と思われるかもしれませんが、僕が演じる新見はカワイイを全く理解できない野心家です」と“ギャップ”がある役にやりがいを燃やす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ