前田敦子、NHKBSドラマ主演 原作者取材でアドリブ入り

 元AKB48の女優、前田敦子(27)が1日午後10時から放送されるNHK BSプレミアムのドラマ「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」に主演する。

 人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「心が叫びたがってるんだ。」などで知られる脚本家、岡田麿里さんの自伝が原作。さまざまな人との出会いを通じ、ひきこもりだった学生時代から人気脚本家になるまでの半生をコミカルかつ、叙情的に描く。

 実写とアニメ作品の映像をコラージュさせた実験的な構成も見どころ。喜怒哀楽を豊かに表現した前田の好演が、現代社会で“生きづらさ”を抱える人たちへのメッセージとなっている。

 前田は実際に会った岡田さんの印象について「はっきりといろいろ言ってくださる気持ちのよい方。仕事をしているときの目つきがかっこいい」と魅了された様子。「台本にはなかったのですが、岡田さんは真剣に考えるとき、くせで手をかむと聞いて…」とアドリブで爪をかむしぐさを取り入れるなど、前田の役柄への愛情もあふれている。ほかに富田靖子(49)、大東駿介(32)らが出演。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ