中山秀征、スペシャルライブで森口博子を「スッピンがきれいなんですよ」

 タレント、中山秀征(51)が9日、東京・恵比寿ザ・ガーデンルームで一夜限りのスペシャルライブを行った。

 主に司会者として活躍する中山だが、歌手としては1986年にデビュー。昨年、50歳記念として23年ぶりにライブを行ったのに続き、2年連続でのステージとなった。

 同年代で親交があるタレント、森口博子(50)がゲスト出演し、デュエットソングの名曲「ふたりの愛ランド」を披露。20代のころにフジテレビ系「クイズ!年の差なんて」で共演した仲で、中山は「森口さんはほぼ同期。スッピンがきれいなんですよ」と紹介。さらに「独身を貫いている」と結婚ネタを振ると、森口は「白馬の王子様が落馬した。白髪の王子様になっちゃう」とぼやいて笑いを誘った。

 アンガールズの山根良顕(42)ら所属事務所の後輩お笑い芸人の“じゃない方”が集結した「ジャナイズ6」も出演。ラストは中山が星条旗柄のシャツに着替え、5月に死去した歌手、西城秀樹さん(享年63)のヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を出演者全員で熱唱。「デビューしてから秀樹さんに海に連れて行ってもらってスキューバダイビングを教わった。楽しい思い出があります」と語っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ