前回「ひこうき雲」で大反響!名アルバム再現公演、第2弾は「ほうろう」

 音楽プロデューサー、武部聡志氏(61)が企画するプレミアムコンサート第2弾「新日本製薬 presents SONGS&FRIENDS」(主催・産経新聞社、WOWOWほか)が、11月26日に東京・丸の内の東京国際フォーラムホールAで行われる。

 「100年後も聴き続けてほしい名アルバム」をテーマに、その音楽のDNAを受け継ぐアーティストがアルバムを1曲目から全て再現する一夜限りのコンサート。3月に第1弾として松任谷由実(64)が荒井由実名義で発売した「ひこうき雲」の公演が行われ、大反響。今回の第2弾にはシンガー・ソングライター、小坂忠(70)の名盤「ほうろう」(1975年)が選ばれた。

 公演は音楽プロデューサー、松任谷正隆氏(66)が総合演出を担当。小坂をはじめ、槇原敬之(49)、矢野顕子(63)や正隆氏が所属していた伝説のバンド、ティン・パン・アレーらが出演する。

 小坂は「みんなで一緒に歌おうよ、という感じのライブにしたい」と気合十分。武部氏も「音楽や仲間の素晴らしさを体感できる最高のライブになることでしょう」と胸を張っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ