吉本新喜劇座長の内場勝則が主演舞台 石丸謙二郎&大路恵美も再結集

 吉本新喜劇座長、内場勝則(58)が14日、大阪市内で主演舞台「四つの理由」(11月9~11日、大阪・YES THEATER)の制作発表会見を行った。

舞台「四つの理由」制作発表会見(左から)石丸謙二郎、後藤ひろひと、内場勝則、大路恵美

舞台「四つの理由」制作発表会見(左から)石丸謙二郎、後藤ひろひと、内場勝則、大路恵美

 2001年に「僕の芝居を書いて」と作・演出の後藤ひろひと(49)に依頼した舞台は、血液型占いの信憑性を追求する教授兼清掃夫役の内場がA、B、O、ABの血液型を演じ分ける。

 17年ぶりの今回は、初演時に「もう一度やりたい芝居の筆頭」と惚れ込んでいた俳優の石丸謙二郎(64)、女優の大路恵美(42)も再結集。

 「このメンバー以外は考えられない、まったく同じメンバーでやれるのがうれしい」と喜ぶ内場自身はB型で、「自分勝手なわがままなヤツ。周りにO型が多いから助けられてます。うちの奥さん(吉本新喜劇の未知やすえ)にすごく…と書いといてください」と愛妻家をアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ