北川景子、平手友梨奈と意気投合「お弁当の写真を送り合ってます」

 欅坂46の平手友梨奈(17)が14日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた初主演映画「響-HIBIKI-」(月川翔監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 天才的文才を持つ女子高生を演じた平手は今作が映画初出演にして初主演。タイトルにかけて最近“響いた”ことを聞かれると「マネージャー」と書かれたボードを掲げ、「私のマネージャーが『響』が大好き過ぎて、もう今日で4回泣いてました。うれしいですけど突然泣くのでびっくりしました。え?っと思って」と笑顔。

 一方、同作で主人公の担当編集者を演じた女優、北川景子(32)は撮影を通して平手と意気投合したようで「毎日連絡とってます。お弁当の写真を送り合ってます」と仲の良さをアピールし、「ずっと(平手を)見守ってきたから公開できてよかった」と感極まって涙ぐむ場面もあった。

 最後に平手は「この映画を見て響の生きざまがいちばん届いたらいいなと思います」と観客に呼びかけた。

 ほかにアヤカ・ウィルソン(21)、高嶋政伸(51)、北村有起哉(44)、板垣瑞生(17)らが出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ