吉澤ひとみ容疑者、通報前に夫にSNSで連絡していた

 酒気帯びでひき逃げしたとして道交法違反容疑などで逮捕された元モーニング娘。のタレント、吉澤ひとみ容疑者(33)が、女性をはねた後、目撃者の制止を無視して逃走していたことが14日、分かった。捜査関係者によると、事故後、吉澤容疑者の車に追いついた目撃者が窓をたたいて制止したが、応じなかったという。また、自ら110番するまでの15分の間に、夫にSNSで連絡を取っていたことも判明した。

 元国民的アイドルによる前代未聞のひき逃げ事故。飲酒量など供述に不可解な点が多い中、事故現場の様子が明らかになった。

 捜査関係者によると、吉澤容疑者は横断中の自転車の20代女性をはねるなどし、走り去った後、約60メートル先の赤信号で停車。その際、事件の目撃者が車に追いつき、窓をたたいて制止したが、それを無視し、青に変わると再び走り出した。

 事故は6日午前7時ごろ、東京・東中野の交差点で発生。事故から15分後、吉澤容疑者は自ら110番し、車で現場に戻ったが、呼気検査で基準値の約4倍に当たる0・58ミリグラムのアルコールが検出された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ