吉岡里帆から高橋一生へ 火9ドラマ主演2人が引継ぎ式

 18日に最終回を迎えるカンテレ・フジテレビ系火9ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(火曜後9・0)で主演を務める吉岡里帆のセット現場にこのほど、10月9日スタートの次期ドラマ「僕らは奇跡でできている」の主演、高橋一生が訪れ、“主演引継ぎ式”を行った。

 過去に共演歴のある2人は「ご無沙汰しています」と互いに笑顔であいさつ。高橋が「撮影はどうですか」と声をかけると、吉岡は「難しい題材ですが、すごく意味があるドラマだと責任を感じながらやっています」と返した。

 略称で愛された“ケンカツ”は、新人ケースワーカー、義経えみる(吉岡)の成長を描いたヒューマンお仕事ドラマだったが、高橋が民放ゴールデン・プライム帯の連ドラ初主演を務める作品は、生き物の“フシギ”に目がない大学講師、相河一輝の日常を描くコミカル・ハートフルドラマ。

 吉岡が「動物行動学の講師ですよね? ドラマ拝見します」と力強く激励すると、高橋も満面笑みで「引き継がせていただきます」と応じていた。

 高橋演じる相河は好奇心にあふれ、気になることは徹底的に研究する一方、苦手なことは先送りで時間やルールを守れず、興味のない話はすぐに熱が冷めてしまうという人物。そのため周囲からは“変わり者”と思われるが、常識にとらわれない発想やモノの見方で、やがて周囲に変化をもたらしていく。

 共演は榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、田中泯、戸田恵子、小林薫ら。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ