松本人志がドライブレコーダーを聞かれたくない理由とは?

 ダウンタウン・松本人志(55)が9月30日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告(33)が起こしたひき逃げ事故について言及した。その中で事故の証拠として使われたドライブレコーダーについて触れ、、「エロいこと聞かれるの嫌なぁ」などとあらぬ懸念を示した。

 9月6日、東京都中野区の交差点で、酒気帯び運転でひき逃げし、2人に軽傷を負わせたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反で東京地検に起訴され、27日に保釈された吉澤被告。28日には芸能界を引退する意向を示し、所属事務所は専属マネジメント契約の解除を発表した。

 この件について松本は「もしかしたら、僕の知り合いや身内が被害に遭っていたかもしれない。そう考えたらやっぱり怒りはある」とコメント。さらに、「そもそも泥酔に近い状態で仕事に向かうというナメた感じも(怒りを覚える)」としつつ、「(ゲストと酒を飲みながらトークする番組)『ダウンタウンなう』やっている僕が言うのも何なんですけど」と笑わせた。

 また、吉澤被告の車のドライブレコーダーに、「やばい」などとつぶやく声が録音されていたことに関して、松本は「僕の車にもドライブレコーダーついるわ。すごいエロい独り言を言ってるときがあるからさ。何かでぶつかったときに、ああいうの聞かれんの嫌やなぁ。警官には聞かれるわけでしょ?」とポツリ。突飛な松本の心配事に、他の出演者は苦笑するしかなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ