真木よう子、移籍後初仕事で“炎上ドラマ”主演「スカッとするドラマ」

 女優、真木よう子(35)が12月15日放送のNHKドラマスペシャル「炎上弁護人」(後9・0)に主演することが4日、分かった。

 ネット炎上をめぐって事務所を追われた弁護士(真木)が、同じく炎上で加害者扱いされた主婦から相談を受け、ネット世論によって犯人が決めつけられる時代に立ち向かう物語。真木は「誰が本当の犠牲者で、加害者は何者なのか。現代のこの(ネット主流の)流れに『これでいいのか?』と思っていらっしゃる方々の気持ちがスカッとするドラマ」とPRした。

 真木は昨年8月、クラウドファンディングで資金集めをしたことにネット上で批判が殺到し、同11月に出演映画を撮影直前で降板。今年1月に前所属事務所から独立したが先月、大手芸能事務所、レプロエンタテインメントに移籍を発表していた。同作が移籍後初仕事となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ