第1回口頭弁論、爆問・太田側『週刊新潮』報道は「事実無根」

 お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(53)が日大芸術学部に裏口入学したと虚偽の記事を週刊新潮に掲載され名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社に約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、東京地裁で開かれた。

 週刊新潮は8月16、23日夏季特大号で「爆笑問題『太田光』を日大に裏口入学させた父の溺愛」と題した記事を掲載。

 この日は原告の弁護士のみが出廷し、同誌の中吊り広告や発行部数などをまとめた資料を提出した。太田は訴状で「全くの事実無根で、タレント活動に支障をきたす」などと主張。新潮社は棄却請求を求めた。次回期日は11月19日。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ