関西ジャニーズJr. 西畑大吾 “絶食系男子”に親近感 

 カンテレ制作のドラマ「大阪環状線Part4 ひと駅ごとのスマイル」(土曜午前10時25分、関西ローカル)で、ドラマのシンボル的な存在であるマスコットキャラクターを務める。

 「マスコットキャラクターってなんだろう? 調べてみたら、ほとんど2次元か着ぐるみ。もう、それくらいかわいいということでいいのかなって」と笑う。

 JR大阪環状線の駅を舞台に、恋愛や友情、家族愛などの人間ドラマを描いた1話完結のオムニバスドラマ「大阪環状線」は、平成28年からシリーズ化。今回で第4弾となる。

 マスコットキャラクターは水澤つるぎという大阪に住む19歳の大学生の役で、全10話に出演するが、第9話「天満駅編」と最終話では宇崎竜童とW主演する。

 つるぎは、東京の祖父(宇崎)の元に差出人不明の手紙が届き、祖父が学生時代を過ごした大阪で手紙の主を探す。

 「僕、時代物の作品で丸刈りの役が多かったんです。だから、今回のような現代の大学生の役が新鮮」

 確かに、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」も「あさが来た」でも丸刈りだ。つるぎは「恋に奥手で今どきの“絶食系男子”。僕と似ているところもあるし、年も近いから演じやすい」と親近感を持つ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ