有村架純、20代部門の美脚大賞「足に緊張感があります」

 女優、有村架純(25)が健康的で魅力的な美脚の女性に贈られる「第16回クラリーノ美脚大賞2018」を受賞し11日、東京都内で行われた授賞式に出席した。

 20代部門で選出された有村は、膝上約15センチのミニワンピース姿で登場。色白ですらりと伸びる美脚を披露するも、「普段こんなに短いスカートははかないのでソワソワしますし、足に緊張感があります」と苦笑した。

 現在はTBS系「中学聖日記」(火曜後10・0)に主演し、教え子と純愛に落ちる中学教師を熱演中。体形維持の秘訣にランニングをあげ「普通に外を走りますが、(周囲には)気づかれないですね」とキュートな笑顔を振りまいた。

 ティーン部門では岡田結実(18)、30代部門では中村アン(31)が受賞。オーバーフォーティー部門を受賞した浅野ゆう子(58)は昨年末に同世代の一般男性と結婚し、「新婚生活は?」と聞かれると「まぁ普通に…」と控えめに返答。有村ら美脚の3人を見つめながら、「こんな3姉妹がほしい」と漏らすと、中村が「私もこんなきれいなお母さんがほしい」と同調して場を盛り上げていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ