ミャンマー住みます芸人にタイガースら

 よしもと芸人がアジア各国と日本の架け橋となるべく、現地に居住するプロジェクト「住みますアジア芸人」で新たにミャンマー連邦共和国へ派遣する芸人が12日、発表され、芸歴11年目のトリオ、タイガースら3組5人が「京都国際映画祭」が開催されている京都市内で会見を開いた。

 「日本の笑いをすべて濃縮して現地に持っていきたいと思っています」とリーダー役の阿部直也(29)は意気込む。同期の遠藤逸人(29)、おきる(33)と「ミャンマー住みます芸人」への応募をきっかけに結成し、この日が始動1日目。3人ともプロ野球・阪神のファンということで「タイガース」と名付けた。

 阿部は「今、タイガースって書かれたら話が変わってくる」と前日11日に金本知憲監督(50)が電撃辞任を発表したことに触れ、「金本監督は大好きでした。若手も育てていただきましたし、ぜひ、1度ミャンマーに来ていただいてゆっくりと羽を伸ばしていただきたい」とラブコールした。

 ミャンマー住みます芸人はほかに、緑川まり(35)とアーキー(32)。10月25日に現地へ出発する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ