東方神起&三浦大知、主題歌で“激突” 2大アニメ映画に豪華アーティスト

 日本を代表する2大アニメ映画に豪華アーティストが参戦することが24日、分かった。韓国の男性デュオ、東方神起が映画シリーズ第5弾「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」の主題歌を担当。歌手、三浦大知(31)は劇場版20作目「ドラゴンボール超 ブロリー」でアニメ映画主題歌に初挑戦する。ともに公開日は12月14日。強力援軍を得た人気アニメ映画が師走の寒さを吹き飛ばす熱いガチンコ対決を繰り広げる。

 東方神起が妖怪たちと大暴れするニャン!

 2人が歌う主題歌「大好きだった」(11月21日発売)は、離れてしまった大好きな人を思う切ない歌詞が印象的なアップテンポのポップス。アニメ映画主題歌は2007年12月の映画「シナモン the MOVIE」の「Together」以来11年ぶりとなる。

 「妖怪ウォッチ」といえば、過去4作で累計動員1683万人、興収186億円を突破している大人気シリーズ。第5弾の今回は、1960年代を舞台に3人の少年少女と妖怪たちの友情を描いた“シリーズ史上、最も泣ける衝撃の妖怪ウォッチ”という注目作だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ