柳楽優弥、是枝監督の愛弟子の作品で主演「参加できて光栄です」

 俳優、柳楽優弥(28)が5日、東京都内で行われた主演映画「夜明け」(来年1月18日公開)の完成披露試写会に出席した。

 人生の逃避行と夜明けを描いたヒューマンドラマ。同作がデビュー作となる広瀬奈々子監督(31)は是枝裕和監督のもとで監督助手を長年務めた愛弟子。柳楽は2004年公開の是枝監督作「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞を史上最年少で受賞しており、是枝監督の愛弟子の作品に主演することに柳楽は「広瀬さんの初監督作に参加できて光栄です」と“縁”に感謝した。

 2人の“愛弟子”を激励するためパリで新作を撮影中の是枝監督がビデオメッセージを寄せ、柳楽に「優弥が30代になったらコラボレーションできれば」と再タッグを呼びかけた。その姿をスクリーンで見た柳楽は「絵になる人だな」と感心していた。

 また、秘密を抱える主人公を演じた柳楽は撮影について「答えが明確な作品ではないので難しい役でしたが、面白い映画になるよう監督を信じて演じました」と振り返った。

 ほかに共演の小林薫(67)、堀内敬子(47)らが出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ