日テレ「イッテQ!」やらせ全面否定、文春は再反論「証言を得ている」

 8日発売の週刊文春が日本テレビ系「謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の“やらせ疑惑”を報じたことを受け、日本テレビが同日、「(やらせの)事実はない」と反論した。一部誤解を招く表現があったことは謝罪したが、内容は全面的に否定。一方、文春側はこの日、改めて“やらせ”はあったと主張した。事態は泥沼化の様相を呈してきた。

 “文春砲”を受けた日テレが反論した。

 物議を醸しているのはタレント、宮川大輔(46)が世界のマニアックな祭りを体験する「-イッテQ!」の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」。5月20日放送回では、東南アジア・ラオスで開催された「橋祭り」に参加。宮川は自転車に乗り、泥水の上に設置された細い板を、障害物をよけながら渡りきる催しに挑んだ。

 だが、週刊文春は現地で関係者らを取材したとして、祭りの存在を否定。さらに「橋祭り」は番組側が企画して自転車などを用意し、参加者を集めるために賞金まで用意したと報じた。

 これを受け、日テレは文書で、「橋祭り」は現地の会社から「東南アジアのテレビ局でも取り上げられる人気の催し」と説明を受け、資料映像も確認した上で、ラオスの情報文化観光省に正式な手続きを経て許可をもらったと主張。祭りの名称は分かりやすくするために意訳したが、セットの設置や賞金を渡した事実はないと全面否定した。

 一方で、4月8日に行われたコーヒーフェスティバルの敷地内で同フェス参加者を「橋祭り」の観客として撮影したと報じられた件については、ラオスでは村単位で開催されている祭りで、今回の会場では初開催だったと説明した上で「放送では毎年(同会場で)行われているかのような、誤解を招く表現となりました」と謝罪した。

 だが、この日テレの発表を受けて、今度は文春が反論し、「『イッテQ!』のエンドロールに、『海外コーディネーション』としてクレジットされているM社の社長は取材に対し、『橋祭り』を自ら企画したことを認めています」と主張。「タイ人スタッフから、セットの設営はM社からの依頼によるものだとの証言を得ています」と“やらせ”があったとした。

 泥沼化の様相も呈してきたが、日テレは「『祭り』企画については十分に確認の上、誤解を招くことがないような形で放送します」と番組も企画も継続を宣言している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ