大泉洋、見た目の役作り完璧「札幌の街を歩いても気づかれない」

 俳優、大泉洋(45)が5日、大阪市内で行われた主演映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(前田哲監督、28日公開)の試写会に出席した。

 筋ジストロフィーにかかりながら、夢や欲に素直に生き、周囲から愛された実在の人物役。演じるに際し、短めのおかっぱ頭で眼鏡をかけた。

 「目がいいのでコンタクトを入れて見えにくくしてから、度の強い眼鏡をかけたら、携帯の顔認証が開かなくなった」

 見た目の役作りは「札幌の街を歩いても気づかれない」ほど完璧。ところが、タレント、ひょっこりはん(31)にも似てしまっていた。「でも、誰でもできるお芝居じゃないからね」と演技力を強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ