NHK会長、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」をあいさつで使用

 NHKの上田良一会長(69)が6日、東京・渋谷の同局で開いた定例会見で、同局のクイズ番組「チコちゃんに叱られる!」から生まれた「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が3日に発表された「2018ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10にノミネートされたことについて感想を求められ、「私もあいさつのときなどに使っている」と打ち明けた。

 一橋大法学部卒の上田会長は先日、大学卒業後45年の同窓会に出席した際も活用したそうで、「『ボーッと生きてんじゃねーよ!』と言われないように生きましょう」とあいさつしたという。 ただ、番組では5歳の少女、チコちゃんの言葉とあって「NHKに対する古い考えかもしれないけど、最初はこういう言葉遣いをしていいのかなと気にしながら見ていた」と告白。その上で「みんなにうまく受け入れていただいて、うれしく思います。あいさつで使わせていただくだけでなく、自戒、自省の念をもって重く受け止めています」とも話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ