高須氏、第三者委の報告疑問視「なぜ『なかった結論』になるのか」

 2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江(19)=高須クリニック=が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の塚原光男副会長(70)からパワーハラスメントを受けたと告発した問題で、日本協会は10日、パワハラに該当する事実はなかったとして塚原夫妻の一時職務停止処分を解除した。

 8月のパワハラ告発以降、宮川を支援している高須クリニックの高須克弥院長

(73)も、協会の判断に早速ツイッターで反応した。第三者委が「パワハラと感じさせても仕方ない」と報告書に記したことについて、「感じさせてしまったらパワハラ。なぜ『なかった』結論になるのかな?」と疑問視。「第三者が被害者の心情を理解できるのか?」とも指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ