南果歩、渡辺謙との離婚を総括「激動の1年だった」

 歌舞伎俳優、中村橋之助(22)が11日、横浜・神奈川芸術劇場で12日に開幕する舞台「オイディプスREXXX(レックス)」(24日まで同所で)の公開稽古を共演の南果歩(54)、宮崎吐夢(48)と行った。

 同作は父親を殺し、生みの母親を妃とした若き王・オイディプス王を描いたギリシャ悲劇がモチーフ。オイディプス王役の橋之助にとってはストレートプレイに初挑戦で、この日の会見では「日々の稽古は新しいことだらけで充実しています」と胸を張り、役どころについては「王としての品格を持ちつつ、落ちていく孤独さを表現したい」と抱負を語った。

 2016年には四代目中村橋之助を襲名。「橋之助としての第一歩という意味も込めて、命をかけて演じたい」とりりしい表情で約束した。

 王の妃であり母親のイオカステなど計4役を演じる南は「とにかく体力勝負。母であり妻である母性を表現したい」と難役に気合十分。

 今年5月には渡辺謙(59)と離婚し、「ギリシャ悲劇どこではない激動の1年だった」と総括。16年には初期の乳がんの手術を受け、昨春は精神疾患を患い「満身創痍(そうい)で人生最悪の時期。当時は鬱病でした」と告白した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ