指原、感極まり涙も「もしかして今日辞めるのかと」 卒業発表から一夜、AKB紅白出演

 AKB48グループが16日、東京・文京区の東京ドームシティホールで年末恒例公演「第8回AKB48紅白対抗歌合戦」を開催した。

 前日15日に同所で行われたHKT48の公演でグループからの卒業を電撃発表した指原莉乃(26)も出演。2012年のソロデビュー曲「それでも好きだよ」をデュエットしたHKTの田島芽瑠(18)が号泣し、曲の終盤にグループのメンバーが登場すると、指原も感極まって涙した。

 指原は来年4月28日に横浜スタジアムで卒業コンサートを開くが、歌唱後に「もしかして今日辞めるのかと思った」とおどけた。卒業から一夜明けた現在の心境については「意外とすっきりしている」と吐露。AKB紅白については「毎年長いと思っていたけど、今年はかじりつくように見ています」と名残惜しそうだった。

 アイドル好きとして知られ、審査員を務めた米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(30)は「HKTのメンバーが色々な思いで歌っているのが伝わった」と感動。指原は「平成の終わりとともにアイドルを辞めます」と改めて2000人のファンに卒業を報告し、司会の堺正章(72)から卒業後の活動について聞かれると「何かの番組のアシスタントにしてもらえませんか」と売り込み、“指原節”で笑わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ