キンプリ・平野、紅白で恩返し「見て下さる方々をつやつやにできたら」/紅白リハ

 男性6人組、King&Princeが29日、大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦(後7・15)のリハーサルに参加し、報道陣の取材に応じた。

 今年5月23日に「シンデレラガール」でデビューし、1年目で紅白出場を決めたKing&Prince。リハーサルを終えたばかりの平野紫耀(21)は「大人の方が多いですね。先輩のバックで出させていただいたことはあるんですけど、リハーサルからちゃんと参加したことはなかったので、緊張感がすごい伝わってきます」と感想を述べた。

 本番に向けて「こういう大舞台に立たせていただきとても光栄です。いろいろな人に恩返しできるようなパフォーマンスをして、見て下さる女性の方々をつやつやにできたら」と意気込んだ。

 またパニック障害の治療専念で休養中の岩橋玄樹(21)について、岸優太(23)は「定期的には連絡を取っています。彼自身、復帰に向けてものすごく努力して1日でも早く戻りたいという思いが強い」と岩橋の心境を明かすと、「僕たち自身も焦らずゆっくり彼が本当に納得いくまで、僕たちは待ってる」と強い絆を感じさせた。

■King&Prince(キング・アンド・プリンス) 紅白初出場。2015年6月結成、今年1月にCDデビュー。同10月に第2弾シングル「Memorial」を発売し、デビュー曲に続いて初登場1位を獲得。紅白の舞台では、発売初週で57・7万枚を売り上げ、デビューシングル初週売り上げの歴代2位を記録した「シンデレラガール」を披露する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ