乃木坂46・西野、大舞台を前に「ひとつひとつが最後なんだと…」/紅白リハ

 大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールでスタートした。乃木坂46は4年連続4回目出場。年内で活動を休止し、来年2月に卒業コンサートを開催する西野七瀬(24)はラスト紅白となり、最後の大舞台を前に「とてもありがたい。ひとつひとつが最後なんだと思いながらやっています」と感慨深げだ。リハでは自身のセンター曲「帰り道は遠回りしたくなる」を懸命に歌い踊り、「華やかな感じで終われたら」と本番での完全燃焼を誓った。

 西野と同期の白石麻衣(26)は「悲しい気持ちもありますけど、最後は笑顔で送り出せたら」とほほえんでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ