【紅白速報】(1)紅白始まる オープニングは30年間を振り返る映像で

 「第69回NHK紅白歌合戦」の放送が始まった。今年は平成最後の紅白ということで、これまでの30年間を振り返るオープニング映像で幕を開けた。

 映像は、お茶の間や、リビングで出演者が眺めているテレビの中に、その時々のヒット曲が流れる構成。平成15年のヒット曲として、解散した人気グループ「SMAP」の「世界に1つだけの花」が流れた。

 総合司会の内村光良さん、紅組司会の広瀬すずさん、白組司会の櫻井翔さんの3人があいさつ。内村さんは「今年も歌ってしめましょう。平成最後の紅白です」と笑顔で話した。

 今年の紅白のテーマは「夢を歌おう」。出場歌手は企画コーナーを除いて計46組で、特別枠の椎名林檎(りんご)さんと宮本浩次さんは後半で、サザンオールスターズは最後に歌を披露する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ