【紅白速報】(3)郷ひろみ100メートル駆け抜ける 「気持ち世界に飛んでいった」

 白組の2番手に登場した白組の郷ひろみさんは、平成11年(1999年)に大ヒットした代表曲を「GOLDFINGER’99~GO!GO!2018~」として披露した。

 ホール入り口からステージまでの約100メートルを1台のカメラが追いかけるなか歌唱するパワフルな演出に会場は盛り上がった。

 途中、甲子園で話題をさらった秋田県の金足農業高校の選手にふんしたパフォーマーが登場したり、お笑い芸人のひょっこりはんが扉から顔を出したりするなど、世相を反映したパフォーマンスとなった。

 舞台を降りてから報道陣に囲まれ、郷さんは「もう言うことない。全員の気持ちが電波に乗って世界に飛んでいった。12月31日を締めくくるにふさわしい。生のプレッシャーを感じたりしながら、自分を極めていく」と興奮した様子で話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ