内村光良、NHK朝ドラ「なつぞら」で語り 紅白のステージで自ら発表

 ウッチャンナンチャンの内村光良(54)が4月1日スタートのNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)の語りを務めることが31日、分かった。総合司会を務めた「第69回NHK紅白歌合戦」のステージ上で自ら発表した。

 同作でヒロインを演じる紅組司会の広瀬すず(20)らとトーク中、内村は「ここで発表です。私、内村は『なつぞら』の語りを担当します。紅白の前から決まってました!」と明かした。

 NHKによると、内村はドラマ作品での語りは初挑戦。制作統括の磯智明氏は前年の紅白での内村の総合司会としての活躍を挙げ、「内村さんの発するその言葉には、優しさと慈愛が満ちあふれていました。きっとヒロイン・なつの波乱に満ちた半生を太陽のように明るく照らしてくれるに違いないと思い、内村さんに語りをお願いしました」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ