【紅白速報】(21)大トリのサザン ユーミンらと熱唱、感動のフィナーレ

 今年40周年を迎えたサザンオールスターズが、大トリで登場した。

 「平成という時代への感謝の思い、次の時代が希望に満ちあふれることを願って」という総合司会の内村光良さんの言葉に送り出され、まずは平成2年の曲「希望の轍(わだち)」を披露。

 続いて、桑田さんが「みなさんにとって来年が素晴らしい年でありますように」と話した後に、昭和53年のデビュー曲「勝手にシンドバッド」。舞台の向かって右の、サザンに近い位置にいた北島三郎さんに「サブちゃ~ん!」と呼びかけるなど、サービス精神たっぷり。北島さんに「今何時?」と歌わせたり、松任谷由実さんのキスを受けるなど、サザンのライブを見るような圧巻のステージを披露し、大いに会場をわかせ、平成最後の紅白を締めくくった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ