貫地谷しほりと欅坂46・長濱ねる NHKドラマの共演秘話明かす

 女優、貫地谷しほり(33)が8日、東京都内で行われたNHKBSプレミアム主演ドラマ「かんざらしに恋して」(2月6日放送、後9・0)の会見に出席した。

 長崎・島原の名物菓子「かんざらし」の名店復活へ奮闘する女性を描く長崎発の地域ドラマ。地域おこし協力隊としてプロジェクトに携わる主人公を演じた貫地谷は「島原の役の方は言葉に苦労していたようですが、私は東京から来た役だったので、言葉ではまったく苦労しませんでした」と笑いを誘った。

 腹黒いアルバイト役で出演したアイドルグループ、欅坂46の長濱ねる(20)との初共演も注目されているが、「クランクアップしてお手紙をもらった。なんてかわいいんだろうって。撮影中はみんな、ねるちゃんのファンでした」と振り返った。

 長濱は「撮影から離れるときはホームシックになったようでした。みなさんが家族みたいになっていた」と笑顔。撮影中のエピソードについては「お刺し身が大好きで、東京のスーパーは高いですが、島原のスーパーは新鮮なお魚が100円くらいで、毎日食べていました」と明かしたほか、共演の俳優、遠藤憲一(57)が「欅坂の『サイレントマジョリティー』のポーズをして写真を撮ってくれました」と喜んでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ