安室さん超える!嵐の経済効果2年間で500億円、森永卓郎氏が推測

 国民的グループ、嵐が無期限活動休止する来年12月31日まで約2年。経済アナリストの森永卓郎氏(61)は27日、引退発表から1年で300億円以上を稼ぎ出した元歌手、安室奈美恵さん(41)を引き合いに出し、「おそらく嵐のファンの方が安室さんよりも性別も対象年齢も幅広い。休止まで2年あるので安室さんの最低でも1・5倍。450億から500億円以上の経済効果が出る」と推測する。

 展開中の5大ドームツアーは12月25日まで残り32公演で約152万人の動員を見込んでいるが、森永氏は「チケット代やグッズ、CDをはじめ、ファンの宿泊費や交通費などを加えると、さらに経済効果は大きくなると思う」と指摘した。

 また、森永氏は休止を発表した時期に着目し、「怖いのは嵐が活動休止した後。5人の冠番組は全部なくなるし、ドームツアーもできなくなるので売り上げは10分の1に減る」と予測。「ジャニーズ事務所としては、休止までの2年間でKis-My-Ft2やKing&Prince、ジャニーズJr.ら若い世代を一気に推してトップスターに育てていく。そこまでビジネスを考えた上での今回の発表ではないか」と持論を語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ