嵐決断の裏側を山田美保子氏ら分析、大野は芸能生活を「重荷」に感じていた

 日本列島に衝撃が走った国民的グループ、嵐の無期限活動休止。デビューから走り続けた20年、「自由な生活がしてみたい」と活動休止をメンバーに申し出たリーダー、大野智(38)の真意とは。5人が大きな決断を下した裏側には何があったのか。長年、嵐を取材してきた放送作家でコラムニスト、山田美保子さんら関係者が独自の視点で語る。

 国民的グループの“目撃者たち”が休止の真相を独自目線で分析した。

 ジャニーズタレントに詳しい山田美保子さんは、大野の真意について、「会見で言ったように『自由に生きたい』からだと思う。アラフォーを前にしてプライベートを規制されるという所に最大の重荷を感じたのでは」と推測。テレビ関係者は「アイドルを20年続けるのは大変。いろんな目にさらされる上、昨今の芸能界はコンプライアンスが厳しいし、恋愛や結婚も自由にできない。大野君は嵐でいるというより、芸能界にいることが苦しくなったのかも」と持論を語った。

 大野はジャニーズJr.時代の1997年から2年間、京都駅前の劇場で舞台に出演。高度なパフォーマンスや1日複数回にわたって公演するハードスケジュールを強いられ、空席が目立つ日も。

 99年には公演で達成感を感じ、退所を決意してデビュー曲「A・RA・SHI」のレコーディングに臨むも、悩み抜いた末にデビュー。同関係者は「大野君は競争社会の芸能界に向いていないのではと思うくらいピュアで優しすぎる人。デビュー後はしばらく『自分は嵐にいてもいいのか』と悩んでいた」と明かす。

 嵐の不動のメインボーカルで振り付けも担う大野は、シリアスからコメディーまでこなす演技力も持ち合わせた逸材。山田さんは「一見、のんきな感じに見えるけれど、演技力は高く(2010年の日本テレビ系)主演ドラマ『怪物くん』で嵐の子供ファンを増やした立役者。出演番組のアンケートも最も丁寧にセンスある回答をくれるそうで、仕事もキチンとしている人」と力説する。

 5人の決断について、芸能関係者は「助け合ってきたメンバーの関係性が生んだ結果。5人で育てた嵐を守った形が休止」と主張。別の関係者は「会見で『5人で嵐』といったことが全て。大野君もジャニーズに籍を残しているからファンは待つことができる。極めて前向きな休止」とキッパリ。メンバーの深い絆によって導かれた最良の結果が休止だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ