新井浩文容疑者を送検、グレーのスエット姿で前見据える

 東京・世田谷区内の自宅で派遣型マッサージ店の30代女性従業員に乱暴したとして、強制性交の疑いで警視庁捜査1課に逮捕された俳優、新井浩文(本名・朴慶培)容疑者(40)が2日午後0時45分ごろ、東京・霞が関の警視庁本部から送検された。

 約100人の報道陣が集まる中、新井容疑者はグレーのスエット姿でワンボックスカーの2列目座席に乗り、金網越しに前を見据えていた。

 逮捕容疑は、昨年7月1日未明、自宅に派遣された女性従業員に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴した疑い。

 同課によると、店は性的サービスなしのオイルマッサージを提供。利用者に「性的サービスは禁止」と伝え、書面へのサインを求めている。新井容疑者も事前に説明を受け、サインしていた。

 だが、新井容疑者は昨年7月1日午前2時ごろ暴行。当時自宅には他に人はおらず、同容疑者は飲酒していた。女性は事件当日に世田谷署に相談し、8月下旬に被害届を提出。新井容疑者は「頭を押さえつけていない」と一部否認している。

 新井容疑者の自宅では、1日午前9時ごろから家宅捜索が開始。正午過ぎに同容疑者は捜査車両で警視庁本部に向かい、同日逮捕された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ