新井浩文容疑者、性的な行為認めるも「無理やりだったか覚えていない」

 派遣型マッサージ店の30代女性従業員に乱暴したとして、強制性交の疑いで逮捕された俳優、新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者(40)が「性的な行為はしたが、無理やりだったかどうかよく覚えていない」などと供述していることが4日、分かった。日本テレビ系「NNNストレイトニュース」が報じた。

 容疑は昨年7月1日午前2時ごろ、東京・世田谷区の自宅で女性の頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴した疑い。今月1日の逮捕後、新井容疑者は被害者について「好みの女性だった」などと供述する一方、「頭を押さえつけていない」と一部否認。犯行時は一人で飲酒していた。

 解雇などの処遇について事務所関係者は「事実確認が優先なので、現状決定したことはありません」と話すにとどめた。

 逮捕の余波は広がる一方で、同容疑者が出演したフジテレビ系「プライド」の第10話はこの日、出演部分をカットして再放送。CS映画チャンネル、映画・チャンネルNECOは、2~3月放送予定の「銀魂」など出演作3本を変更すると公式サイトで発表した。

 一方、13日発売のテレビ東京系出演ドラマ「このマンガがすごい!」のブルーレイについて、製作委員会の幹事社でもある同局は「発売に変更はありません」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ