NHK、局内で電気グルーヴの楽曲使用禁止を通達…映画「居眠り磐音」は代役立て撮り直し

 12日にコカインを摂取したとして麻薬取締法違反(施用)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたテクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が14日、警視庁東京湾岸署から送検された。

 NHK局内で電気グルーヴの楽曲を番組で使用しないように通達されていることが14日、分かった。複数の関係者の話を総合すると、同バンドの曲はBGMとして使いやすく、瀧容疑者の逮捕後にも使用されてしまったことがあり、注意喚起が促されている。番組放送当日に電気グルーヴの曲と分かり、急きょ差し替えられたケースもあったという。

 さらに同局は14日、NHK BSプレミアムで24日放送の連続テレビ小説「あまちゃん」総集編の後編(後1・0)を映画「用心棒」に差し替えて放送するなど、ほかの出演作の放送を見合わせることも発表した。

 また、瀧容疑者の出演映画「居眠り磐音」(松坂桃李主演)は、登場シーンを撮り直し、予定通り5月17日に公開されることが決定。代役は改めて発表される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ