「過去作の封印は過剰反応」相次ぐ自粛にクリエイターも苦言 ピエール瀧容疑者逮捕の余波

 「作品に罪はない」「過去作の封印は過剰反応」--俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕され、過去の出演作まで“自粛”の影響を受けていることについて、ネットでは批判の声が相次いだ。

 瀧容疑者は、1989年に石野卓球さんと「電気グルーヴ」を結成。「Shangri-La」などのヒット曲を持つミュージシャンだ。近年は名バイプレーヤーとして多くのドラマや映画に出演しており、逮捕の影響は多方面に及んでいる。

 映画監督をはじめ、作品をつくる現場のクリエイターからも「過去作まで封印するようになるのは過剰反応だと思う」と批判の声が上がった。

 特に瀧容疑者が出演していたゲーム作品も出荷とダウンロード販売を自粛する事態になり、3月13日のTwitterでは「ジャッジアイズ」など関連するキーワードがトレンド入りし大きな話題になった。

ピエール瀧容疑者は羽村京平役でゲーム作品に出演(「JUDGE EYES:死神の遺言」公式サイトより。14日現在公式サイトは閲覧できない)

ピエール瀧容疑者は羽村京平役でゲーム作品に出演(「JUDGE EYES:死神の遺言」公式サイトより。14日現在公式サイトは閲覧できない)

 相次ぐ自粛に「やり過ぎ」の声

 セガゲームスは3月13日、瀧容疑者がCGのキャラクターとして登場するゲーム作品「JUDGE EYES:死神の遺言」の出荷とダウンロード販売、公式サイトの掲出を当面の間自粛すると発表。Twitterのセガ公式アカウントは同作品に関するツイートを削除した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ