「製作委員会」の功罪とは…平成アニメ、いかに2兆円産業に飛躍したか

 2019年4月で30年以上続いた「平成」の世が終わる。アニメ業界でも平成を節目とした企画・特集をよく見かけるようになった。

 しかし、アニメ史にとって「平成30年間」の区切りはあまり便利でない。30年は想像以上に長く、日本アニメ101年余りの歴史の1/3近くにもなるからだ。日本アニメが本格的に羽ばたいた『鉄腕アトム』のテレビ放送開始から計算すれば、56年のうち半分以上だ。

 この期間のアニメ業界の動きはすさまじい。『美少女戦士セーラームーン』から『新世紀エヴァンゲリオン』『ポケットモンスター』に『けいおん!』『涼宮ハルヒの憂鬱』『Fate』『君の名は。』まで、日本のアニメ史で制作された作品の半分以上が平成に詰まっている。とにかく大量で、次々に変わっていったのが平成アニメの歴史だ。

 大ヒット作、意外に少ない平成初期

 カルチャーシーンだけでなく、アニメビジネスでも大きな変化があった30年間である。歴史をひもとくと、実はその幕開けが「アニメ 冬の時代」とも言われた時期だったのをご存じだろうか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ