NGT卒業発表の山口真帆「会社を攻撃する加害者と言われていました」

 昨年12月に暴行被害に遭ったNGT48の山口真帆(23)が21日、新潟市のNGT48劇場で行われたチームG公演の千秋楽に出演。グループからの卒業を発表した。

 かばってくれていたという仲が良い長谷川玲奈(18)、菅原りこ(18)が卒業発表。大団円を迎えた直後、山口が「ちょっと待ってください。私、山口真帆はNGT48を卒業します」と泣きながら明かした。

 書いてきたという手紙を読み上げ、事件告発に始まった運営への“クーデター”について「大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、すべを捨てる覚悟でとった行動でした」と説明。「(運営会社の)社長には不起訴になったことで事件じゃないと言われ、会社を攻撃する加害者と言われていました」とも明かした。

 「このグループにはアイドルをできる居場所がなくなってしまいました。この環境を変えなければ、同じことが繰り返されると思いました」と無念さをにじませ、「今の私にNGTのためにできることは卒業しかありません」と決意に至った心境を明かした。

 最後の握手会は5月5、6日で、5月18日に長谷川、菅原と卒業公演を行う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ