「アイドルできて幸せ」「何もできなくてごめんねは違う」 NGT48・山口さん卒業公演のあいさつ全文

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバーで暴行被害を受けた山口真帆さん(23)と菅原りこさん(18)、長谷川玲奈さん(18)は18日、新潟市中央区のNGT48劇場で卒業公演を行った。山口さんのあいさつ全文は以下の通り。

     

 まず最初に伝えたいことは、私のファンになってくれてありがとう。

 アイドルになってなかったらみなさんと出会えなかったし、こんなにたくさんの方と一人一人とのいろんな思い出をつくれるアイドルはすごくすばらしい職業だなと思います。でも、私はすごい恥ずかしがり屋で、自分に自信がなくて、NGTに入るまでは人と話すこともあまり好きではありませんでした。

 でも、このグループに入って、握手会が毎月のようにあって、初めましてという方とたくさんの方とお話をするにあたって、人とのかかわりや人と接することがすごく楽しいことなんだなって気づかせてもらいました。

 私が卒業という選択を選んだとき、みなさんはどんな顔をしてしまうんだろうってすごく不安でした。これからも頑張ってねっていってくださる方もいれば、何もできなくてごめんねって言ってくださっている方もいました。でも、何もできなくてごめんねは違うと思ってて。

 私はみなさんに出会えたことがこれから先、長い人生においても、長い人生の財産だなって思っています。みなさんが私を見つけてくれて、私のファンになってくれて、私はアイドルができて、幸せでした。

 これから先、どうなるかとか、たくさんの方にいろんなふうに言われるかもしれません。だけど、いままで悲しい姿を見せてしまった分、今度は自分の幸せな姿を見せて、みなさんに元気を与えられる存在になることが私の夢です。夢をみなさんに見つけてもらいました。ありがとうございます。

 自分のことのように、私のことを考えてくださる方がいるなんて、本当に幸せです。これから先、どんな人生を歩んでも、みなさんのことを思い出してしまうと思います。その思い出が私にとって宝物だし、ファンのみなさんに出会えて、みんなに愛してもらえて、幸せな3年半でした。

 出会ってくれてありがとうございました。これから先、またみなさんに会えるように、自分の人生を自分でしっかりと強く歩んでいきたいなと思っています。そして、その姿を見せて、いろんな人に元気を与えられる人になれたらなと思っています。

 みなさんは私の宝物です。出会ってくれて、ありがとうございました。これからもまたよろしくお願いいたします。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ