「笑顔で会えるよう全力で頑張る」 NGT48卒業公演で菅原りこさんの最後のあいさつ

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバーで暴行被害を受けた山口真帆さん(23)と菅原りこさん(18)、長谷川玲奈さん(18)は18日、新潟市中央区のNGT48劇場で卒業公演を行った。菅原さんの最後のあいさつの主な内容は以下の通り。

 みなさん、きょうは私たちの卒業公演にお越しくださり、本当にありがとうございます。ロビー観覧やDMMで私たちを見守ってくださっている方、遠くでエールをおくってくださっている方も、本当にありがとうございます。まずはじめに私たち NGT48は新潟のみなさまに愛されながら、これまでいろんな活動させていただきました。でも生まれ育った大好きな新潟に何も恩返しができなくて申し訳ありません。新潟のみなさんだけでなく、NGT48を応援し支えてくださっているファンのみなさまにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 「太陽は何度でも」、こんなすてきなタイトルをいただけて本当にうれしかったですし、幸せです。そして私たちのために、公演タイトルにもなっている「太陽は何度でも」という素晴らしい曲を作ってくださった秋元さんには感謝しても仕切れないほどの気持ちでいっぱいです。この曲は私にとって心の支えになってくれる一生の宝物です。そして、こうして出会えたみなさんとの絆の証だと思っています。きっと、この曲を口ずさむ度にみなさんと出会ってからの楽しかった思い出や今のこの景色を思い出すと思います。

 今日まで私を支えてくださった「チームさくらんぼ」のみなさん、私が謝るといつも叱られてしまうのですが、「ソロコンサートの夢に向かっていつしょに歩んでください」とお願いしておきながら、こんなに早い卒業を決めてしまって本当にごめんなさい。

 きょうでNGT48を卒業しますが、みなさんとこれまで築き上げてきた絆やチームさくらんぼの輪を広げるためにみなさんがしてきてくださった努力は絶対に無駄にしないと決めました。これから先、みなさんと会えなくなってしまうさみしさや、どうしようもないくらい不安な気持ちも全部やる気に変えて、1日でも早くまたみなさんと笑顔で会えるように全力で頑張っていくから待っていてね。みなさん、きょうは本当にありがとうございました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ