「声優として会える日、目指す」 NGT48卒業公演で長谷川玲奈さんの最後のあいさつ

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバーで暴行被害を受けた山口真帆さん(23)と菅原りこさん(18)、長谷川玲奈さん(18)は18日、新潟市中央区のNGT48劇場で卒業公演を行った。長谷川さんの最後のあいさつの主な内容は以下の通り。

     

 私は48グループでの活動で学んだことがあります。それは「挑戦はチャンス」ということです。

 48グループは人数が多くてなかなか前に行けるチャンスがありません。スタッフさんは私のようになかなか前に出れないメンバーのために、さまざまな挑戦の場を設けてくださいました。

 私は今まで、挑戦できるものはすべて挑戦してきました。やったことのないことに挑戦することは本当に不安が付き物でした。

 それでも絶対に応援してくださる方がいると知って、全力で取り組んできました。挑戦したものがすべてうまくいったわけではありません。

 映画の出演や韓国のオーディション番組に参加させていただき、そこで新しいことをたくさん学ぶことができ、それがきっかけで応援してくださる方もたくさんいらっしゃり、本当にうれしかったです。

 去年の選抜総選挙、一昨年から1年間、みなさんと一緒に頑張って、SHOWROOM で絶対ランクインするとみなさんに誓い、毎日頑張った日々が本当に私にとっての宝物です。それでも絶対に諦めないと誓い、みなさんと強い思いで総選挙に挑んで77位という素晴らしい順位で無事ランクインすることができました。そして、会場に来てくださったファンのみなさんに駆け寄ってトロフィーを掲げみんなで泣きながら喜んだときの光景を今でも覚えています。

 本当にみなさんの支えがすごく大きかったです。そして、私は次の夢に向け頑張ると決めました。それは、声優になることです。私は、小さい時からアニメを見続け本当にアニメが大好きです。まだ、なんの勉強もしていないのに、声優なんておこがましいことだと思います。そして、一から鍛えてくれるというとてもすてきなプロダクションに出会いました。アニメ好きであること、アイドルとしての活動を評価していただき、そのプロダクションの方と面談をさせていただきました。私が所属できるかは、まだ分かりません。ですが、これからはそのプロダクションのご指導を受けながら夢を現実にしたいと思います。

 応援してくださるみなさまと、これからも一緒にいろんなことに挑戦し喜び合いたいと心から思っています。本当に自分勝手でおこがましい願いではありますが、これからも長谷川玲奈の応援をよろしくお願いします。

 アイドルの長谷川玲奈は今日でさようならですが、声優の長谷川玲奈としてみなさまとまたお会いできる日を目指し、全力で精いっぱい頑張りたいと思います。

 今日は本当にこの幸せな時間をありがとうございました。また会いましょう! ありがとうございました!

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ