山口真帆らの欅坂『黒い羊』選曲、ファンは「リアルすぎて怖い」

 昨年12月に暴行被害に遭ったNGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市のNGT48劇場で卒業公演を行った。当初は同時卒業の菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)の3人のみの開催予定だったが、最終的に7人のメンバーが駆けつけた。

 本編最後に披露した欅坂46の新曲「黒い羊」の選曲はSNSでも“物議”をかもした。「black sheep=厄介者」を意味する「黒い羊」は「みんなから説得される方が居心地悪くなる」「目配せしてる仲間には僕は厄介者でしかない」などといったメッセージ性の強い歌詞が印象的な楽曲。山口自身の思いを訴えたような歌詞にネット上では「運営に対するメッセージだろうな」「すごい格好いい」「リアルすぎて怖い」「本家越えしてしまったかもしれない」といった書き込みが殺到した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ