衝撃選曲でNGTと決別!山口真帆、卒業公演で欅坂の曲「黒い羊」

 昨年12月に暴行被害に遭ったNGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市のNGT48劇場で卒業公演を行った。当初は同時卒業の菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)の3人のみの開催予定だったが、最終的に7人のメンバーが駆けつけた。また、山口が繰り返してきた事件対応への運営批判はなかったが、♪僕だけがいなくなればいいんだ、の歌詞が意味深な欅坂46の「黒い羊」を歌唱。最後は「アイドルになれて幸せでした」とファンに感謝し、涙と笑顔で再出発を誓った。

 悲劇のアイドルがわだかまりを残したまま、NGT48に別れを告げた。

 水色のドレス姿の山口は事件後に支えてくれた菅原、長谷川に向けた手紙を涙ながらに朗読。

 そして、ファンに向けた手紙で「私が卒業という選択をしたとき、皆さんはどんな顔をしてしまうんだろうってすごく不安でした」と心が引き裂かれた思いを吐露した。

 進路について明言しなかったが、「これから先、たくさんの方にいろんなふうに言われるかもしれません。今まで悲しい姿を見せてしまった分、今度は自分の幸せな姿を見せて、皆さんに元気を与えられる存在になることが私の夢。皆さんは私の宝物。出会ってくれて、ありがとうございました」と芸能界で再出発することを示唆した。

 この日は同時卒業した菅原、長谷川と3人での出演が発表されていたが、山口を支えながら残留を決めた村雲颯香(21)らメンバー7人が急きょ参加。華々しいはずの卒業公演としては異様な空気。他のメンバーは登場せず、最後まで溝の深さを印象づけた。

 披露曲は3人で選んだ王道アイドルソングが中心だったが、NGTの曲は「Maxとき315号」の1曲のみ。欅坂46の「黒い羊」の意味深な選曲には、満員の約300人がどよめいた。

 ♪僕だけがいなくなればいいんだ そうすれば止まってた針はまた動き出すんだろう?…事件を告発し、運営側を批判してグループから孤立した山口は、迫真のパフォーマンスで思いを訴えた。

 一方で、卒業公演名にもなり、総合プロデューサー、秋元康氏(61)が3人のために書き下ろした卒業ソング「太陽は何度でも」を披露。♪それは悲しいサヨナラではなくて 新しい自分が求めた未来へ-。山口は歌唱中、涙で声を詰まらせる場面もあった。

 昨年12月に暴行被害に遭った山口は、今年1月にメンバーの関与を示唆して事件を告発。運営側は第三者委員会による調査結果として、メンバーの関与を認めず、風紀の乱れは不問と結論づけた。山口は3月の会見中にツイッターで運営幹部を名指しで批判し、4月の卒業発表時は社長に向けて抗議の声を上げた。

 この日は“恨み節”は一切なく、「これからの夢に向かって、また皆さんとお会いできるように頑張りたい」と宣言。気持ちを切り替え、太陽が輝く日々を取り戻す。

■山口真帆(やまぐち・まほ)

 1995(平成7)年9月17日生まれ、青森県八戸市出身。23歳。2015年、NGT48の1期生オーディションに合格。16年に劇場公演デビュー。不思議キャラで、愛称は「まほほん」。チームGの元副キャプテン。選抜総選挙は16年圏外、17年53位、18年70位。青森も被害を受けた11年の東日本大震災で、ボランティア活動に従事。AKB48グループが復興支援活動として、定期的に被災地でイベントを行っていることに感動し、アイドルを志した。161センチ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ