「ジャニーさん、愛されちゃってますよ」中居正広さんが追悼

 人気グループ「SMAP」のリーダーだったタレント、中居正広さん(46)が、13日放送された「中居正広のニュースな会」(テレビ朝日系)に出演し、9日に87歳で死去したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長について「多くの人に愛されるように教育してきたあなたが、一番愛されちゃってますよ」と、語り追悼した。中居さんがジャニー社長の死去について言及するのは初めて。

 番組内で、約10分にわたるジャニー社長の功績をまとめたVTRを見守った中居さんは「お父さんっていうか、僕は怖かった方ですね。プライベートもそうですし、すごく厳しくしてもらった」と懐かしんだ。

 ジャニー社長に最初に教えてもらったことは、舞台照明についてだったという。「SMAPは昭和のグループだったので、強い照明がある時代じゃなかったけど、ジャニーさんが照明を一つずつ教えてくれた。ライブの半分以上は、明かりで決まると教えてくれた」と当時を振り返った。

 中居さんは多くの番組で進行役を務めているが、「(自身の)トークのスキルを見いだしたのはジャニーさんだった」と明言。先輩グループのライブ前に観客らに注意事項を伝える役を任された中居さんは、ジャニー社長が書いた台本を丸暗記して臨んだという。受けが良かった冗談を何度も使うと、「繰り返さずに別のことを考えなさい」と怒られたとのエピソードも披露した。

 最後の会話を尋ねられ、「何度も(病院に)行っていたんで、まだ本当に亡くなったのかな…という感じ。“また明日、あさって来ますんで”というのが最後だったかな」と振り返った。

 そして、「(タレントたちを)たくさんの人に愛されるように教育して世に出しているんですけど、そういうジャニーさんが一番愛されてる。“みんなに愛されるように”って教育してきたけど、一番愛されているのはあなたですよ、愛されちゃってますよ-と言いたい」と涙が出そうなところをこらえて語った。

 ジャニー社長の死去後、多くの所属タレントが追悼談話を発表していたが、中居さんは沈黙していた。その理由について、11月開催の国際大会「世界野球プレミア12」公認サポートキャプテン就任の発表と重なったことをあげ、「『世界野球プレミア』のリリースと同じ時期で、ここでコメントするとそれが濁るのもよくないし、大事なジャニーさんへのコメントも濁るからというので差し控えさせてもらった」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ