元SMAPのテレビ出演に圧力か 公取委がジャニーズ事務所を調査

 2016年末に解散した国民的グループ、SMAPをめぐり、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに対し、翌年退社した稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)を出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会が調査していたことが17日、分かった。公取委は独占禁止法違反(不公正な取引方法)につながる恐れがあるとして、同事務所を口頭で注意。同事務所は圧力を否定し、「今後は誤解を受けないように留意したい」とコメントを発表した。

 関係者によると、公取委はジャニーズ事務所が民放各局などに元SMAPの3人を出演させないよう打診するなど独禁法違反にあたる疑いがあるとして調査を開始。

 独禁法は、競争関係にある他の事業者と、その相手方との取引について、契約成立の阻止といった不当に取引を妨害することを禁止している。公取委は芸能活動に必要な契約の成立を阻止した行為があれば、この取引妨害に該当する恐れがあるとして、関係者から事情を聴いたほか、同事務所からテレビ局に送信されたメールなどを分析。公取委はその結果を踏まえ、同事務所に注意した。

 独禁法における注意とは、違反行為の存在を疑うに足る証拠が得られないが、違反につながる恐れがある行為があるときに、未然防止を図るために取られる措置。関係者によると、口頭での注意に留めたようだ。芸能人の移籍をめぐり、芸能事務所が同法に基づく注意を受けるのは初めてとみられる。

 3人はSMAP時代からバラエティーやドラマで大活躍したが、退社後に香取が出演していたテレビ朝日系「SmaSTATION!!」などが次々と終了。映像メディアではインターネット放送局・AbemaTVの番組などに出演しているが、民放キー局で3人がメインのレギュラー新番組は制作されていない。

 ジャニーズ事務所では9日にジャニー喜多川社長(享年87)が亡くなったばかり。同事務所は17日深夜、公式HPで「テレビ局に圧力などをかけた事実はない」とした上で、「当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したい」とのコメントを発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ