「なつぞら」泰樹じいちゃんの強烈左フックにネット沸く!「神」「ようやった!」

 19日放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)で、柴田家の祖父・泰樹(草刈正雄)が孫娘・夕見子(福地桃子)の恋人・高山昭治(須藤蓮)に浴びせた強烈な「左フック」がネットでも話題となった。

 夕見子は、高山とともに北海道から上京。一緒に暮らすという夕見子を心配した主人公の奥原なつ(広瀬すず)は、北海道にいる母・富士子(松嶋菜々子)に相談をした。そのことを知った夕見子は憤慨。おでん屋・風車を訪れ、なつを責めた。東京を離れると言い放つが、高山は「本気ではなかった」「駆け落ちがうまくいくなんて思っていなかった」と衝撃の言葉を口に。高山は北海道のデパートの御曹司という役どころ。夕見子に対し「本当は俺が丸高デパートの跡取りだから好きになったんだべ」「いっつも計算高くて、偉そう」と、ひどい言葉を浴びせる。なつは「あんたは夕見のことを知らなさすぎる!あんたに夕見をやらない!絶対に渡さない!」と、涙ながらに怒りを爆発させた。

 夕見子を説得するため北海道からやって来た泰樹は、そのやり取りを密かに見ていた。高山が「自由になって飯も作れん女と結婚したって、しようがねぇべ!」と捨て台詞を吐いて風車を出ようとすると、待ち構えていた泰樹が「抹殺」と一言。そして、高山の顔面に左フックを一発浴びせた。泰樹を真似た高山に「そのひげも剃れ」と一喝した。そして「夕見子、迎えに来た。一緒に帰るべ」と、優しく語り掛けるのだった。

 ネットでは、「号泣した」「朝から泣かされた」など、感動したとのコメントが相次いだ。泰樹の行動には、「今日の朝ドラはスッキリ回だった。泰樹じいちゃん神」「今朝、観ててスカっとしたわw 泰樹爺ちゃん、ようやった!!」「じーちゃんの一発が、物理的にも意味合い的にもとても重い一発でなんか笑った」と絶賛する声が多数。「抹殺!ヒゲも剃れ! ここ数日のモヤモヤ吹き飛ばしてくれた、じいじ最高」「『抹殺』って、泰樹おんじ。必殺仕事人のようだ」「これから なんかムカつく事あったら、心の中で『抹殺』と叫ぶ事にするよ 笑」と、泰樹が放った言葉にも反響が寄せられている。

 そして「泰樹おんじ、かっこいいぜー! 最高じゃー!」「どんなにイケメンを出されても、泰樹じーちゃんが一番かっこいいと思う…間違いない」と、兄・咲太郎(岡田将生)や坂場一久(中川大志)、山田天陽(吉沢亮)といった俳優陣が“イケメン渋滞”と話題になっている作品の中でも、引けを取らないベテラン俳優・草刈のかっこよさをつぶやくものも。

 北海道に戻るためなつと別れる泰樹が「東京のパフェというもの、食べたくなった」と言った場面については、「パフェが食べたいおんじ!可愛いいい…!」「今朝の泰樹さん最高だったなぁ…抹殺!w私もあんな素敵なおんじとパフェ食べたいよ~」といったコメントも寄せられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ