新海監督「ひるまず表現し続ける」 京アニ放火に心情

 アニメーション作家の新海(しんかい)誠監督(46)が19日夕、新作アニメの舞台あいさつで、「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)のスタジオで発生した放火火災について「どういう気持ちで、きょうの初日に臨んだらいいのか悩みましたが、何があってもひるまずに、エンターテインメントを作り、表現をし続けることが、僕らのやりたいことなんだと改めて思いました」と心情を明かした。

 この日は、監督を務めた新作アニメ映画「天気の子」の公開初日で、東京都千代田区の映画館で舞台あいさつを行い、作品への思いなどを語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ