なつ、テレビアニメの世界に飛び込む 「なつぞら」第17週見どころ

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)。戦争孤児の主人公・奥原なつ(広瀬すず)が北海道・十勝で酪農を営む柴田一家に引き取られて育ち、上京して草創期のアニメーションの世界に飛び込んでいく物語。第16週では、柴田家の長女・夕見子(福地桃子)が北海道から上京。大学を辞め、ともにやってきた恋人の高山昭治(須藤蓮)と一緒に新生活を始めるというのだった。あまりに身勝手な結婚観を話す夕見子は、なつらの意見に耳を傾けようとしない。数日後、夕見子を説得するため、十勝から祖父・泰樹(草刈正雄)がやって来た。

 東洋動画では、なつたちが制作する短編映画がついに作品が完成。束の間の休息としてハイキングへ。その時、アニメーターの大沢麻子(貫地谷しほり)は、メンバーにある思いを打ち明けたのだった。

 第17週は「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」。

 昭和38年夏、なつは東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなり、注目されていた。「鉄腕アトム」の大ヒットを受け、東洋動画ではテレビ班を新設することに。なつは、演出家の坂場一久(中川大志)や、同僚のアニメーター・三村茜(渡辺麻友)とともに、テレビの世界に飛び込んでいく。映画とは違い、効率優先のアニメ作りに戸惑うなつだったが、新たな表現の開発に取り組む。

 一方、劇団「赤い星座」では、なつの幼なじみで俳優となった小畑雪次郎(山田裕貴)と、看板女優・亀山蘭子(鈴木杏樹)の仲が噂となり…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ