吉本社長、進退は「全力で変えていくことがやらなきゃいけないこと」

 吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、闇営業問題で同社から事実上の解雇処分を受けたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による謝罪“告発”会見を受け、東京都内で会見を開いた。自身と大崎洋会長について、1年間50%の減俸とすることを明らかにした。「取締役の方々と相談した」と説明。進退については「このことをしっかりやりきる。全力で変えていくことがやらなきゃいけないこと」と強調した。

 宮迫は19日に吉本から契約を解消され、翌日に亮と初めて会見。謝罪会見の早期開催を吉本に何度も希望したが、岡本社長から「(会見したら)全員首にするからな」などといわれ、止められていたと主張した。

 吉本所属のお笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(55)は20日夜、岡本社長と大崎会長と緊急面談し、「芸人ファーストじゃないと何の意味もない」「岡本社長に『会見をさせなさい、しないと絶対駄目だ』といいました」と、21日放送のフジテレビ系レギュラー番組「ワイドナショー」で明かしていた。岡本、大崎両氏はダウンタウンの元マネジャー。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ