お~い!久馬、闇営業問題に「いずれ、吉本物語なんて書かせていただけたら」

 お笑いタレント、お~い!久馬(47)が22日、大阪市内で「よしもとライターズアカデミーウエスト」の概要発表会見を行った。

 元NHKエグゼグティブ・ディレクターの佐藤幹夫氏がゼネラルマネジャーに就任し、10月にシナリオライター養成所を開校。宝塚歌劇団の正塚晴彦氏ら強力な講師陣が指導にあたり、久馬やガレッジセールのゴリ(47)、品川庄司の品川祐(47)、NON STYLEの石田明(39)ら舞台、映画などの脚本を手がける吉本芸人も特別講師を務める。

 タレントと脚本家の二足のわらじを履く久馬は脚本家のギャラ事情を聴かれると「ピンからキリまでですね~」と回答。過去にシェイクダウンとしてコンビを組んでいた元相方、後藤秀樹さん(47)と吉本に所属する演出家、後藤ひろひと(50)を会社が間違い、秀樹さんの口座にはびっくりする金額が振り込まれていたという。

 NHK大河ドラマ「太平記」「秀吉」を手掛けた佐藤氏は「脚本家の方はすごい取りますよ。1年間やれば1億円くらいいきますよ」とギャラ事情を明かした。

 現在、吉本興業は闇営業問題で揺れているが、これについて久馬は「単純にお客さんに申し訳ない。普通に笑っていただきたいのに、変な感情が入るのが申し訳ない。いずれ、吉本物語なんて書かせていただけたら」と話すに留めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ