吉本社長、“松本興業”に前向き「会社としてきちんと話を進めていければ」

 吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、闇営業問題で同社から事実上の解雇処分を受けたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による謝罪“告発”会見を受け、東京都内で会見。宮迫と亮への処分を撤回する意向を表明した。

 ダウンタウンの松本人志(55)は21日、フジテレビ系「ワイドナショー」で、「“松本興業”じゃないですけど僕の部署を作ってくれと。やらかした子やイエローカードの子を引き取るから」と、闇営業問題で契約解消や謹慎になった芸人を所属させ、松本が保証人となって更生させる案を提案したと告白していた。

 岡本社長は松本の発言について「名前は別として、今回の宮迫くんや亮くんを含めてサポートする、会社としてきちんと話を進めていければ」と前向きな考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ